2010年12月01日

0909A HK416アッパーレシーバキット

開発開始から1年半掛け、ついに発売のカウントダウンが始まりました!







当初の計画では2009年の秋を目処にコンプリートキットの形で「ガスブロ初のHK416」として発売する予定でしたが、色々紆余曲折の末、今日に至ってやっとアッパー・ロウワー別キットでの発売が決まりました。
間もなく発売するのはアッパーキットで、ロウワーは表面仕上げなどでもう少し時間が掛かります。

今回も日本向け特別仕様として、デラックス版を設定いたしました。
ファーストロット限定ですが、6061T6アルミの完全削り出しにハードアノダイズド仕上げを採用します。
それ以外の海外向けスタンダード版は通常のアルマイト仕上げになります。
見た目・手触り・耐久性のあらゆる面で、ハードアノダイズド仕上げがお勧めです。
セカンド以降のロットについてはデラックス版の予定はなく、スタンダード版に切り替えますので、HA仕上げ版の再販予定はございません。
残念ながらこの日本向け仕様はたったの15セットしかご用意できておりませんので、ほぼ予約完売になると思います。
気になったお客様はどうぞお早めに小売店様にご相談ください。

アッパーキットには、下記パーツが含まれます。
・HK416アッパーレシーバ(小物一式付)
・専用フロントレール
・専用アルミアウターバレル一式(M14逆ネジ仕様、種類未定ですがハイダー付)
・専用ガスブロックとガスピストン一式(ピストンはダミーですが、可動します)
・専用ボルトキャリア
下記写真はスタンダード版になりますので、デラックス版ではフレームとハンドガードがより落ち着いた黒色になります。
また、スタンダード版にはハイダーは付属しませんが、デラックス版にはハイエンドキットに相応しいハイダーが付属します。



















この製品を冷静な目で見ますと、実は担当者個人としてはまだ物足りなさが残ります。
例えばアウターがスチール製でなかったり、ハイダーも実物ピッチ非対応であったりと、もう一頑張りしたかったという思いは今も残ります。
とは言え製品自体は1年以上前に設計された物であり、アウターにしても最近作った物ではありません。
これから十数本限りの専用スチールバレルを作ろうとなると、やはり現実の壁が立ちふさがります。
しかしながら、ここでこのような不満を述べられること自体、我々にとっては一つの大きな進歩です。
1年前には、完全CNC加工で表面がHA処理のフレームを作るなど、まさに夢の世界でした。
(今となっては、このスペックはすでにIRON Airsoftのスタンダードになってしまいましたが、、、)
そういう意味では、このHK416キットはIRON Airsoftの過去と未来を結ぶ記念すべき製品ともいえます。

前述の通り、デラックス版は数量が少なく売り切れ必至になりますので、購入をご検討であれば是非小売店様にお急ぎ下さい。





タグ :HK416WA M4

同じカテゴリー(新作予告)の記事画像
0904B Enfieldライフルの最新情報
2011GW浅草ブラックホールレポート (1)
同じカテゴリー(新作予告)の記事
 情報更新を再開します! (2014-06-03 11:00)
 KAC URX4 13インチバージョン (2013-06-12 15:37)
 0904B Enfieldライフルの最新情報 (2012-10-27 21:00)
 Rhino 200DSリボルバー(2) (2012-10-26 10:06)
 Rhino 200DSリボルバー (2012-09-04 21:00)
 1004G 新型ホップアップユニット (2012-06-11 10:15)

Posted by Admin  at 20:37 │Comments(4)新作予告

この記事へのコメント
初めまして。
すごく楽しみにしてました。>HK416


ちなみにDX版とセカンドロットの価格はそれぞれどれくらいを予定していますか?
Posted by 通りすがり at 2010年12月02日 00:18
>通りすがり様

コメント頂き、ありがとうございます。
ご返信が遅れまして、大変失礼いたしました。

デラックス版は既存のIRON Airsoft製品と同等のお値段になります。
限定版だからと言って値上げすることはありませんので、ご安心ください。
スタンダード版につきましては、現時点で国内で正式販売の予定はございません。
ご希望多数な場合には、別途検討させて頂きます。
Posted by IRONAirsoftIRONAirsoft at 2010年12月14日 20:55
IRONAirsoft商品は何処で買えますか、
DX版はもう作らないのでしょうか、上で同じ値段となってますが
実際は何倍も高く、限定で数量が少ないのとあいまって
とても買えません
メーカー直販しないのでしょうか
Posted by ガスブロだいすき at 2011年02月05日 15:31
>ガスブロだいすき様

まずはご返答が遅れましたこと、深くお詫び申し上げます。

弊社では、ユーザ体験を最優先している関係で、特に日本国内では取扱店様を厳選して商品を出させて頂いております。
技術力・販売実力・サポート体制などを見て総合的に判断しております。
それなりに厳しい条件を課しているのは、ブランドの価値や販売チャンネルを守るためであり、この事が最終的にはお客様の利益に繋がると確信しているためです。
今日も取扱店は常時募集しておりますので、我々の理念に賛同頂けるショップ様が今後さらに増えることを願っております。

HK416のDX版は日本向けに15セットしか販売しておりませんので、今後新品を入手できる見込みは残念ながらございません。
販売価格についてですが、HK416DX版は弊社日本向けの既存レシーバと同じ卸値で出させて頂いております(勿論アッパーはフロント一式がつきますので、高くなりますが)。
販売数が限定された理由につきましては今後機会があれば別途ご説明いたしますが、値段を吊り上げるためでは決してございません。
商品が品薄なためエンド価格が多少上がる可能性はございますが、日本向けの既存製品と比べて「何倍も」という事はいささか考えられません。
HK416のスタンダード版とのご比較であれば、掛かっているコストが全く異なりますので、ほとんど別物とお考え頂ければ幸いです(詳細は別途ご紹介する予定です)。
HK416以外のレシーバについて言えば、海外でも一部出させて頂いておりますが、品質の面では日本向けの出荷分に比べるとどうしても劣ってしまいます。メーカとしてこれを認めることはお恥ずかしい限りですが、「高い商品にはそれなりに理由がある」という事をご理解願います。

最後に我々は「メーカは物作りに専念すべき」という基本的な考えを持っておりますので、取扱店様と競合するような形での直販は考えておりません。品質面で妥協しないメーカと充実したサポートを提供できる販売店が揃えて、初めて最高のユーザ体験が保証されると確信しております。
どうかご理解頂ければ幸いです。
Posted by IRONAirsoftIRONAirsoft at 2011年04月20日 12:52
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。