スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2011年05月22日

1102D アンビマグキャッチ(WA用)

今日ご紹介する新商品はAR系GBB用のアンビセレクターになります。






(アンビセレクターパーツ一式)

「アンビ」とは、英文の「ambidextrous(両手利き)」から来ています。実銃パーツに前置としてつけるとき、両手どちらからも操作できる事を意味します。
例えば、AR系ではアフターパーツとしてアンビセレクター/アンビマグキャッチが存在し、フレーム側の対応が必要になりますがアンビボルトリリースも存在します(IRON Airsoftから発売されているPOFレシーバもそうです)。

現代のコンバットシューティングにおいて、左右両サイドから同じように銃をハンドリングできることはもはや必須条件になりつつあります。この「両サイドからのハンドリング」にはシューターの腕の熟練度に大きく掛かっておりますし、銃本体の機能による部分もまた大きいです。
AR系ライフルのオリジナルデザインでは、時代背景からその部分はあまり考慮されませんでしたが、多数のサードパーティメーカの努力によって、時代のニーズに追随してどんどん進化して来ております。

実銃用アンビセレクターなら、有名所でKACの製品なども存在します。
エアソフト用には他社様からすでに発売済みですが、今回我々が発売する物はよりユニークな製品になります。
なんと、両サイドのセレクターレバーが好みに応じてサイズを変えられます

こちらの製品はレプリカになりますが、実銃用にはBATTLE ARMS DEVELOPMENT社が「BAD-CASS-3P」という商品名で販売されています。
元々「BAD-ASS」と名付けられた製品が進化して「BAD-CASS」になったそうです。
(これは何というグッドセンスなネーミング!気になる方はどうぞ英辞書を引いてみてくださいw)
ちなみに、「BAD-ASS」とは「Battle Arms Development - Ambidextrous Safety Selector」の略だそうで、「CASS」は「Combat Ambidextrous Safety Selector」の略です。
開発経緯などはMilitary Morons(英文)に詳しく書かれておりますので、興味のある方はご一読ください。






(レバーは六角ネジで固定されます)






(Prime/G&P製スタンダードセレクターとの比較)

その仕組みは実に簡単です。
セレクター軸とレバー部を完全に別パーツに分ける事で、ユーザ側で自由にレバーを組み替え可能にしました。
セットには3種類のレバーが添付されており、それぞれスタンダード/長さ短め/厚さ薄めになります。
右利きシュータの場合、一般的なセットアップとして左サイドにスタンダードレバーを装着し、右側に短めまたは薄めのレバーを装着する事で、トリガーフィンガー(右手人差し指)への干渉を最低限に抑えられます。
勿論ユーザの好みに応じて、セレクターレバーのセットアップを変える事もできます。
例えば右手親指でスタンダードのレバーを押す時に長いと感じた人なら短めのレバーを左側に持ってくるのも結構ですし、セレクターレバーは邪魔にならない物がいいとお考えなら左側に薄めのレバーを装着する事も考えられます。
この一人一人の体格や好みに応じてセットアップを変えられる柔軟性こそ、一番大切なポイントです。






(スタンダード/短めのレバーコンビ)






(スタンダード/薄めのレバーコンビ)

今回の製品は以下のパーツがセットされています:
・スチール製セレクター軸
・アルミ製セレクターレバー3種
・固定ネジ2個
・サイズ調整用のワッシャー2個
IRON Airsoft製品では、エアソフトパーツとして安全性を考慮してセレクターレバーをアルミ製(HA仕上げ)に変えてありますが、それ以外の機能は忠実に再現しました。
実物もそうですが、セレクターレバーとセレクター軸の接合部はドーブテール状になっており、レバー本体には無理な力が掛からない構造になっておりますので、ここは6061アルミ製でも必要十分以上の強度が確保されております。
また、添付のワッシャーは本来必要ありませんが、エアソフトパーツでは各社間で寸法の誤差が考えられますので、念のためお付けしました。
レシーバ部の厚みが特に厚く、ネジだけでレバーをしっかり固定できない場合にご使用頂けます。

ちなみに今回発売された製品はWA系のARシリーズ用で、WA/G&P/Prime/Inokatsuなど各社フレームに対応しますが、IRON Airsoft製のロウワーレシーバには使えません
IRON Airsoftレシーバ用のアンビセレクターはDX版として後日別途リリースされますので、弊社製品を愛用されている皆様には実に申し訳ございませんが、あと少し御待ち願います。

       


Posted by Admin  at 12:57Comments(4)製品紹介

2011年05月15日

0911 ガスピストン対応ボルトキャリア

社内都合により、しばらくの間は「純粋なIRON Airsoft製品」を中心にご紹介して行きたいと思います。
コラボ系の新製品紹介をご期待の皆様、誠に申し訳ございませんが今しばらくお待ち願います。






(0911C/D/E/F ガスピストン用ボルトキャリア)

皆様ご存知のように、実銃の世界でAR系のライフルは通常発射ガスを直接ボルトキャリアに吹きつけて動作させるガス圧作動方式(リュングマンシ方式とも呼ばれます)を採用しています。
そのメリットはパーツ点数が少なく構造がシンプルな上、前後動作するボルトグループの重量を軽く抑えられますので、連射時のコントロールが比較容易と言った点にあります。
近年になって、同じAR系でも耐久性や作動安定性を重視してガスピストン方式を採用する実銃メーカが増えてきております。
元々ガスブロックから直接ガスチューブ経由でボルトキャリアに発射ガスを吹きつけていた所に、ピストンを介して作動させることになりました。
M4の後継として設計された有名なHK416でもガスピストン方式が採用されていますし、既存のライフルやカービンを改造するためのアフターパーツも複数のカスタムメーカから商品がリリースされております。

ガスブローバック式のエアソフトガンにおいて、動作の仕組み上はっきり言ってどの方式でも問題ありませんが、「人とは違う何か」を捜し求めている方々のために、我々はガスピストン式のボルトキャリアを再現しました。
現在刻印や色違いで、下記の計4種類リリースされております。
・0911C ADAMS ARMSボルトキャリア(黒)
・0911D ADAMS ARMSボルトキャリア(シルバー)
・0911E Sprikes Tactialボルトキャリア(黒)
・0911F POFボルトキャリア(シルバー)






(0911C/D)






(0911E/F)

この内、シルバーの製品は日本向けにご用意しました限定品です。
シルバーの表面では、切削時やブラスト処理時の細かい傷も比較的目立ってしまいますので、完璧にキレイな個体が少ないです。
歩留まりの悪い中から選別しましたので、とある型番では日本向けに全部で十数本しかご用意できませんでした。

材質は全て6061T6アルミのCNC加工品ですが、表面の色が黒の物はハードアノダイズド、シルバーの物が通常のアルマイト仕上げになります。
強度的には全てハードアノダイズドで仕上げたかった所ですが、現在の技術ではピカピカなシルバー(ステンレス風)をハードアノダイズドでは出せませんので、諦めざるを得ませんでした。
ご参考までに、「シルバー」なハードアノダイズド処理を施したローディングノズルを組み込んだボルトキャリアの写真もお付けいたします(HA処理のノズル部が少し灰色っぽく見えます)。






(HA処理のノズルとアルマイト処理のボルトキャリア比較)

ちなみにアルマイト仕上げでも、ボルトキャリアの場合擦れる部分は基本的に外から見えない箇所にありますので、使っていく内にみすぼらしくなる事はありません。ご安心ください!

こちらのボルトキャリアはリアルサイズ対応で、Prime様やInokatsu様そしてIRON Airsoft製などリアルサイズ系のアッパーレシーバに対応します。
既存のボルトキャリアをそのまま置き換える形でご利用頂けます。
機能面での違いはありませんので、色や刻印でお好みの型番をお選び頂けます。
チャージングハンドルを引いた後に覗く珍しい刻印に、周りの皆が驚く事間違いありません。

また、後日IRON Airsoftからガスピストン式のガスブロック及びピストンロッドパーツ一式の発売も予定されております。
是非お気に入りのボルトキャリアを先に確保された上で、しばしお待ちください!       


Posted by Admin  at 12:30Comments(6)製品紹介

2011年05月08日

2011GW浅草ブラックホールレポート (1)

これから数回に分けてブラックホールに来場されなかった皆様のために、会場で公開されました新製品群をご紹介したいと思います。

まず1発目は「Beta Project」から発売予定の「Magpul PTS版ACRライフル用GBBコンバージョンキット」になります。






(キットを組み込んだ状態)






(簡易分解状態)

何だか随分と長い商品名になりましたが、要するにPTS版の電動MASADAライフルに使えるガスブローバック改造キットになります(A&K版のMASADAライフルにはご利用できませんので、ご注意ください!)。
勿論、今回もMagpul PTS様から正式に許可を頂いた上での発売です。

コンセプトとしては、「同じ外装を使い、必要に応じて電動とガスブロを切り替えて利用できる便利ウェポン」を目指しました。商品としては、あくまでも電動ガン用の改造キットになりますので、単体では銃1丁を組み上げられません。
また、パーツを潰しての組み換えではありませんが、組み換えにはそれなりに時間が掛かりますので、「夏ならガスブロ、冬には電動」もしくは「自宅でガスブロ、サバゲに電動」的な使い方がお勧めです。

ガスシステムのベースは基本WA系になっておりますので、各種WA用マガジンがご利用頂けます。
チャージングハンドルやボルト部などは可能な限り実物に似せた構造を再現しています。そして、バレルが本物同様にクイックチェンジが可能です(ホップアップ調整はサイドからダイヤルを回して行います)。
電動版のバレル比べれば、バッテリー収納の必要がなくなったことから、ハンドルが実物同様の長さに伸ばされました。便利な上にリアルです!

標準の初速設定は以下の通りです。
使用BB弾: 6mm/0.2g
初速: 95m/s
(日本国内向けには同条件で必ず0.9J以下となるよう調整された状態で出荷されます。)
尚、組み立て済み本体の寸法は長さ850mm/高さ195mm/横幅62mmで、重さ約2.5kgになります。






(GBB用アウター)






(アウター装着時)






(ボルトストップが掛かった状態)






(ホールドオープン時)






(ボルト閉鎖時)






(トリガー周りの内部機構)

このキットは今年夏までの発売を目指しておりますので、どうぞご期待ください!

8月17日追記:
事情により、Magpul PTS様ライセンス品(PMAG/EMAG/上記ACRキット含む)は全て「Beta Project」様からの発売となりました。
すでにご予約を頂いたお客様につきましては、大変ご迷惑をおかけいたしました。
弊社の販売店様経由で事情をご説明申し上げましたが、この場を借りて改めてお詫び申し上げます。
今後とも、IRON Airsoft製品をご愛顧頂けます様、宜しくお願い申し上げます。
                 


Posted by Admin  at 09:30Comments(0)新作予告

2011年05月02日

2011GW浅草ブラックホールに参加します

IRON Airsoftは5月4日(水)と5月5日(木)に開催されます浅草ブラックホールに出展いたします。
ブースの位置は会場4F入り口のすぐ近くになります。

今回展示の目玉は勿論話題のPMAG/EMAGになりますが、他にも大型新商品が公開を控えておりますので、どうぞお楽しみに!

また、会場内では一部商品のスペシャルプライスでの販売も予定しております。
この機会に是非IRON Airsoft製品をお試しください!  


Posted by Admin  at 18:54Comments(2)告知案内