2011年11月07日

新作 リー・エンフィールドライフル

IRON Airsoftの次回作は趣向を変えまして、クラシックライフルになります。
長きに渡り、世界各地で英連邦軍を支えましたかのリー・エンフィールドライフル(Short Magazine Lee-Enfield No.1 MkIII)です。



上記はCADデータによるCGになりますが、実物はガスボルトシステムを採用したライフルで、安定した品質をリーズナブルな価格でご提供させて頂きます。現在組み立て段階に入りましたので、正式発売は年明けの予定です。
詳細は後日順次公開いたしますが、木と金属のハーモニーに「男のロマン」を感じる方にお勧めです







同じカテゴリー(製品紹介)の記事画像
1210B Raptorチャージングハンドル
0904F PMAG/EMAG用薄型ガスルートパッキンセット
HK M320グレネードランチャー(3)
HK M320グレネードランチャー(2)
HK M320グレネードランチャー(1)
1102D アンビマグキャッチ(WA用)

同じカテゴリー(製品紹介)の記事
 1210B Raptorチャージングハンドル (2013-01-19 11:20)
 Colt M4A1ロアレシーバ (2012-05-06 23:30)
 0904F PMAG/EMAG用薄型ガスルートパッキンセット (2011-11-12 11:30)
 HK M320グレネードランチャー(3) (2011-11-07 17:00)
 HK M320グレネードランチャー(2) (2011-09-24 18:00)
 HK M320グレネードランチャー(1) (2011-09-23 18:00)

Posted by Admin  at 17:30 │Comments(5)製品紹介

この記事へのコメント
おお!

期待しています!!

やはり銃は木と金属ですね!
Posted by カナヤスリ at 2011年11月07日 19:14
マガジン・カットオフはないタイプでしょうか?
Posted by ジョン・フロスト at 2012年01月24日 15:40
>ジョン・フロスト様

ご返信が遅れまして、誠に申し訳ございません。

私共の方で調査した結果、No.1MK3ではマガジンカットオフ機能がついていない物が大半だったため、今回再現するもカットオフ機能がないタイプになります。
Posted by IRONAirsoftIRONAirsoft at 2012年02月06日 20:59
If I understand well, this will be the N°1 MKIII* ("*" for the model without cut-off and volley sight introduced in 1916).

Cant' wait to see the first prototype pictures, I always dreamed of a N°1 MKIII airsoft rifle. Nice to see enthusiast like you working on those vintage models. Best regards from France, and good luck for this projet.
Posted by Christophe Larribère at 2012年03月10日 00:43
>Dear Christophe Larribère

Thank you very much for your heartwarming comment.I am truely sorry for this late reply.
Since we started this business, we had always being telling ourselves, not to forget where did we started with.
Yes, we are enthusiasts, and we would like to be the help of all enthusiasts!
The Enfield Rifle will be released in a short time, and definitely we have more new products incoming.
Hope you will enjoy them!
Posted by IRONAirsoftIRONAirsoft at 2012年05月02日 23:07
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。