2010年10月09日

0912D T15DBXロウワーレシーバ(1)

今日はIRON Airsoft製フレームについてご紹介いたします。













(Tactical Innovations T15DBXロウワーレシーバ)

このロウワーレシーバは弊社製CNCメタルフレーム製品の2機種目に該当します。
前作のLarue Stealthフレームセットで頂いた数々のフィードバックが詰め込まれており、製品としての完成度がかなり向上しております。

実物モデルはTactical Innovations製T15BDX (Billet DeluXe) という製品になります。
知名度が高い前作のLarue Stealthレシーバと違って、今回はちょっとマイナーな機種選択になりました。
しかしながら、こちらも「知る人ぞ知る逸品」です

開発のスタートポイントはあの有名なStickman氏の画像からでした。
多分皆様もどこかでご覧になったことはあるかと思いますが、その筋ではとても有名な「KAC+Magpul」の写真です。







(Stickman氏の写真)

担当者もそれを見た瞬間、「これほしい!」モードに一直線で突入して行きました。
詳しく見ていきますと、このカスタムカービンはT15DBXロウワー+KACアッパー+KACのURXレール、そしてMAGPULの小物で固められてます。
ガスブロで同じセットアップを再現しようとした場合、一番ネックになるのは地味なT15DBXロウワーの部分です。
このようなマニアックアイテムはどこのメーカもかつて作られた事はありませんので、自分達がやらねばと思いました

本製品の材質自体は6061アルミの削り出しでLarue Stealthレシーバと変わりませんが、表面が通常のアルマイト処理からハードアノダイズドに強化されました。
外観上の色合いはより黒く、そして手触りがよりスムーズになりました。
ハードアノダイズド処理に関する詳細はここでは省きますが、Surefireライトと同等の表面処理と言えば分かりやすいと思います(勿論色は違いますが)。
現状ウェスタンアームズ系のM4シリーズ向けCNCメタルレシーバで、ハードアノダイズド処理を採用しているのは弊社のみです。

KACやColtなどメジャー所のパーツもそれぞれ素晴らしいですが、エンドユーザがマイナー物のパーツでも一点一点ご自分でお選び頂き、本当に「自分のための一丁」を組み上げられる、という楽しさもとても大事だと思います。
今まで他社様があまり注視して来なかったこのようなニッチな需要に、我々は同じマニアとしてお応えしたい、という強い思いがあります。
このようなモデルは大量に売れる物ではなく、基本ワンロット限定の少量生産になります。
再生産もおそらくありませんので、本当に「ARを愛してやまない方」に手にして頂きたいと思います。

ガスブロ用メタルフレームで実現した新機能としては、アッパーとロウワー間のテンションを調節可能にしました
これはGUN誌2010年8月号のAR特集で紹介されております、Stiller社のロウワーフレームでも実装されているあの機能です。
原理はロウワーレシーバのグリップベースからねじ込むテンションスクリューの高さを調節することで、アッパー・ロウワー間の「遊び」を制御することです。







(銀色のネジ頭部分がテンション調整スクリューのトップです)







(グリップベースから六角レンチを差し込んで調整します)

もっとも、弊社やPrime様などで作られたアッパー・ロウワーレシーバ同士であれば、最初から精密に加工されておりますので、この機能のお世話になることはおそらくありません。
サイズが若干小さめの他社製アッパーと組み合わせたり、またはレシーバが磨り減るほど分解・結合を繰り返した場合において、初めて効いて来る機能です。
テイクダウンピンを押し込んだ状態(アッパーをロックした状態)で、スクリューはねじ込むほど(テイクダウンピンとの相互作用で)アッパーを押さえつける力が強くなりますので、ガタを無くせます。
ちなみに、あまり無理にねじ込みますと、素材がやわらかいアッパーでは表面を傷む恐れがありますので、調整時には無理なさらないようにご注意願います!

実銃の世界では、シリアスなマッチシュータにとってレシーバをガッチリ固定させることはとても大事ですが、現場のオペレータ等にとっては、むしろ余裕のあるセットアップを好む傾向が強いようです。
このロウワーを使えば、「ガッチリした一体感」を勿論味わえますし、使い込まれた実銃の雰囲気を再現するため、多少のガタを残して敢えてゆるめにセットするといった楽しみ方もできます。
実物同様の「選択できる楽しみ」を是非皆様にも味わって頂きたいと思います。

本製品は9月中旬から販売されておりますが、すでにご購入頂いたお客様からのフィードバックを心待ちしております。
今後よりよい製品を作り上げていくために、皆様のご意見・ご感想を是非お聞かせ願います!  






同じカテゴリー(製品紹介)の記事画像
1210B Raptorチャージングハンドル
0904F PMAG/EMAG用薄型ガスルートパッキンセット
HK M320グレネードランチャー(3)
HK M320グレネードランチャー(2)
HK M320グレネードランチャー(1)
1102D アンビマグキャッチ(WA用)
同じカテゴリー(製品紹介)の記事
 1210B Raptorチャージングハンドル (2013-01-19 11:20)
 Colt M4A1ロアレシーバ (2012-05-06 23:30)
 0904F PMAG/EMAG用薄型ガスルートパッキンセット (2011-11-12 11:30)
 新作 リー・エンフィールドライフル (2011-11-07 17:30)
 HK M320グレネードランチャー(3) (2011-11-07 17:00)
 HK M320グレネードランチャー(2) (2011-09-24 18:00)

Posted by Admin  at 16:45 │Comments(6)製品紹介

この記事へのコメント
こちらの製品はDBX刻印で、実物はBDXということですが
刻印修正版の生産予定はないのでしょうか?

この製品自体クオリティは非常に高いので愛用させて頂いてるのですが
DBX刻印は唯一残念で心残りな部分です。
Posted by 扇風機 at 2011年10月15日 17:05
>扇風機様

ご返信が遅れまして、大変失礼いたしました。
ロウワーをご購入頂き、誠にありがとうございます。

こちらの製品は設計段階から諸事情により「DBX」として発売しており、大変残念ながら現時点において修正の予定はございません。
フレーム関連の製品は基本的に一定数のロット単位での製造になりますので、製造キャパシティの問題でこちらの製品は当面再生産の予定もございません(流通在庫自体はまだございます)。
ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

また、今後ともIRON Airsoft製品をご愛顧頂けます様、どうぞよろしくお願い申し上げます。
Posted by IRONAirsoftIRONAirsoft at 2011年11月07日 15:43
T15BDXを購入したのですが、IRON製のボルトキャッチを使用時マガジンを押し上げないとボルトストップがかかりません。他のでまだ試していないのですが、調整不足、または仕様でしょうか?
Posted by 鉄ノ塊 at 2012年04月22日 17:26
>鉄ノ塊様

御問い合わせ頂き、ありがとうございます。

まず、マガジンを押し上げないとボルトストップが掛からないという事は当然仕様ではありません。
ただし事実として、お使いのマガジンを始めパーツごとの個体差が存在しますので、全ての組み合わせにおいて各パーツの機能を保証する事は困難です。

御問い合わせの問題につきましては、微調整やパーツ交換で対処できる可能性はございます。
ご不便お掛け致しますが、現物をご購入頂いた小売店様に一度お持込頂き、そちらで確認頂けませんでしょうか?
Posted by IRONAirsoftIRONAirsoft at 2012年05月02日 23:09
今まで出たアッパー、ロアレシーバーなどは、今後再生産などするのでしょうか?それとも新しい製品を作り続けるのでしょうか?
Posted by ゆりぞうぞう at 2012年05月14日 09:12
>ゆりぞうぞう様

お問い合わせ頂き、ありがとうございます。

既存のフレーム製品(特にロアフレーム)は在庫がある限り併売を続けますが、再生産はおそらく難しいかと思います。
今までIRON Airsoftのフレーム製品はユニークなマイナー路線で進めてきましたので、現実的にもう1ロット作っても完売が困難と思われます。

トイガンパーツは一期一会な商品になりますので、気になる物がありましたら是非お早めの確保をお勧めいたします。
Posted by IRONAirsoftIRONAirsoft at 2012年05月20日 12:14
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。